NEWS

|

Latest News About Spashan.

2022.07.15 【NEWS】弊社製品の表示等についてのご報告

SPASHANをご使用頂いている皆様
お取引先様各位

株式会社スーパースポーツコレクション

代表取締役社長 香野 弘恵

弊社製品の表示等についてのご報告

 この度、弊社の製品「SPASHANクラシックワックスシリーズ」「スローンワックス」「SPASHAN超カミカゼ6」を始めとする複数の製品におきまして、広告表示と実際の成分との乖離、及び旧製品同様の内容物である事案が発生したことをご報告いたします。

 弊社の製品を愛用いただいているお客様、弊社に格別のご愛顧をくださっているお取引先様そのほか多数の皆様に対し深くお詫び申し上げます。

 また関係各所、提携工場への調査等により、今回のご報告までに大変長い時間を要してしまったことを、重ねてお詫び申し上げます。

 本リリースにおきまして、事実に反する表示の内容などをご報告すると共に、該当商品の回収・ご返金などの今後弊社が行っていく対応、再発防止策を公表させていただきます。なお、製品の安全性につきましては、現在弊社が販売しております製品、また皆様のお手元にございます製品、いずれに関しましても、通常の使用において問題なくご使用いただける安全なものであり、これまでに健康被害等の報告は一切いただいておりませんことをご報告させていただきます。

. クラシックワックスなどのカルナバ含有製品について

⑴. 対象製品

「クラシックワックス」、「限定クラシックワックス」、「スローンワックス」

. 製品の成分表示と実際の成分が異なっていたこと

 上記対象製品につき、表記されているカルナバの含有量に対し、実際にはそれに満たないカルナバの含有量であったことが判明致しました。

製品名広告表示していた含有量実際の含有量
「クラシックワックス」78%40%
「限定クラシックワックス」79%40%
「スローンワックス」80%40%

販売製品SDS 判明した経緯と原因

 「SPASHANクラシックワックス」を含めた3製品は、台湾の提携工場と共同で開発をしたものであり、原材料や表示の説明は提携工場の情報提供により制作したものでした。

 弊社は、該当する製品を発売するにあたり、当初提携工場より、対象製品のカルナバ含有量について、天然由来成分を含めカルナバ78%と説明してもよいとの報告を受けており、弊社ホームページ及びカタログ等に表示しておりました。

ご参考までに、試作品の成分についての説明資料を開示いたします。

 しかしながら、この度、表記されているカルナバの含有量と実際の含有量が異なるのではないかとのご指摘を受け、再度、製造元へSDSの提出要請を行なったところ、6月28日に提携工場より、天然カルナバの含有量は40%、38%はパームオイル(アブラヤシから抽出されるオイル)である旨報告を受けました。

 いずれにしましても、カルナバ78%の含有量ではなく、カルナバ40%、パームオイル38%の天然成分合計含有量が78%であることが判明いたしました。

これは、限定クラシックワックス及びスローンワックスにおきましても、同様にカルナバと天然成分の合計含有量にて弊社ホームページ及びカタログ等に表示しておりました。

当該事案発生の原因と致しましては、提携工場からの情報を社内精査せずそのまま製品特徴、説明として使用したことが挙げられます。

これはお客様、代理店様、販売店様の信頼を裏切る行為だと受け止め、深く反省しお詫び申し上げます。


 なお、この度一部SNSに掲載されているSDSに関しては、製品化される前の試作段階でのSDS(添付資料①)となっており、現在流通している製品のSDS(添付資料③)ではない事をご承知おきください。

 また、製品輸入時に提出するSDSに関しても、試作品のSDSで申告しておりましたが、通関部へ販売製品のSDSを再度提出し確認したところ、日本への輸入時に規制対象となる物質が含まれていなかった為、次回より正確なSDSにて申告をする旨指摘を受けました。

本製品における安全性につきましても、ご指摘を頂いておりますが日本国内の第三者機関へ調査を依頼したところ、通常使用において安全性が確認できましたことをご報告致します。

(添付資料④ クラシックワックス、限定クラシックワックス、スローンワックスの調査結果)

. 弊社における対応

. 販売停止措置

6月30日(木)付で、自社サイト及び通販サイトでの販売は停止させていただいております。

. 関係機関への連絡

7月4日(月)付けで、消費者庁へ報告いたしました。

今後、同庁への追加資料提出と関係諸機関の調査に対し、真摯に協力して参ります。

. お客様・取引先からの回収・返金

ご希望のお客様、代理店様、販売店様に対して、商品回収、ご返金対応を行います。

詳細はホームページ上にご対応方法を掲載させていただきます。

. 今後の製品の販売について 

製品の安全性には問題ないことから、今回ご指摘をいただいた点を踏まえ、正しい表記ラベル、広告記載内容変更後、改めて再販をさせていただく予定でございます。

. 「SPASHAN超カミカゼ6」について

. 対象製品

 「SPASHAN超カミカゼ6」

. 製品表示に不正があったこと

 「SPASHAN超カミカゼ6」は、前作「SPASHAN超カミカゼ5」と比べ性能が向上した旨の表記をしておりました。

 しかしながら、両者の製品はパッケージを刷新したのみで、中身は同じものでございました。

. 原因

「SPASHAN超カミカゼ6」については、新製品開発へのテストを繰り返す中で、前作KAMIKAZE5を超えるものが完成せず、結果として、香野大輔の指示にて前作のまま、新製品のラベルとパッケージにて発売を行う形となりました。

  これは、全て香野大輔の指示でおこなったことであり、お客様、代理店様、販売店の方々の信頼を裏切る行為だと受け止め、深く反省しお詫び申し上げます。

. 上記製品への対応

ア. 販売停止措置

6月30日付で、自社サイト及び通販サイトでの販売は停止させていただいております。

. 関係機関への連絡

6月29日付で、消費者庁へ報告いたしました。

今後、同庁への追加資料提出と、関係諸機関の調査に対し、真摯に協力して参ります。

. お客様・お取引先様からの回収・返金

ご希望のお客様、代理店様、販売店様に対して、商品回収、ご返金対応を行います。

詳細はホームページ上にご対応方法を掲載させていただいております。

. 今後の販売について

販売停止措置後の当該製品の発売については、未定とさせていただきます。

. 「SPASHANスーパーシップ」「遊ビズムスパシャン」について

.対象製品

「SPASHANスーパーシップ」、「遊ビズムスパシャン」

⑵.製品表示に不正があったこと

 「SPASHANスーパーシップ」と「SPASHAN遊びズムスパシャン(限定品)」について、中身は同じものでありながら、パッケージを変え、前者は海用、後者は車用と異なるもののように販売しておりました。

.原因

香野大輔の指示で同様の内容物を、違うものかのように誤解を生む形で販売しておりました。

4. その他のご指摘について

⑴.ヴァンガード社製品と弊社製品が酷似しているというご指摘

 ヴァンガード社製品と弊社製品が酷似しているというご指摘をいただいております。

 こちらにつきましては、弊社が提携工場でありますRITSUHIRO enterprise社と共同開発した製品の一部が、海外向けにヴァンガード製品として販売されているものであり、相当性に問題がないものと考えております。

⑵.弊社製品がすべて海外製品のOEMであるかのようなご指摘

 こちらに関しては、事実ではなく、あくまでも一部の製品を海外へ製造委託しているのみで、スパシャンをはじめとする主力製品に関しては、日本国内にて開発製造を行っておりますことをお伝えさせていただきます。

この度、上記事案以外に、香野大輔のコンプライアンスを軽視した行動についてご指摘を受けております。余興として行っていたものが、教育・指導の範疇を超えていると受け止められかねない言動があったことについては反省し、今後二度とそのようなことが起きぬよう、高い倫理観を持って、法令遵守、社会的責任を全うすることを本旨とした役員を含む社員教育の徹底に努めてまいります。

5. 今後について

⑴.製品回収・返金対応とお問い合わせコールセンターの設置

本日より、対象製品の返品、返金をご希望の方におかれましては、弊社にて製品をお受けしご購入代金につきましてご返金させて頂きます。

なお、お問い合わせを含め、ご購入の店舗如何を問わず、すべて弊社(スーパースポーツコレクション本社)にてお引き受けし、対応させていただく所存でございます。
本対応は弊社にて全てご対応させて頂きます。ご購入頂きました店舗様への返品・返金のお申し出をされませんようお願い申し上げます。

一般のお客様方向けの返品、返金のご説明は、弊社公式ホームページ(https://spashan.jp/)へ対応方法を掲載させて頂いておりますので、ご確認いただけますと幸いです。

今回製品内容についてご指摘のありました製品におきまして、通常使用における安全性につきましては第三者機関への確認も終えております。今後は、正しい製品ラベルと広告表記に変更した後に、改めて販売を再開させていただく予定をしております。

⑵.再発防止策の実施内容

 弊社は以下の再発防止策を行います。

 

. 提携工場との意思疎通強化

 提携工場は製品の品質にかかる重要部分を担っておりますので、その内容確認を行う上で、より一層正確かつ密な意思疎通を図ってまいります。

 また、提携工場への定期的な現地視察等を行い製品の品質の維持・管理を行ってまいります。

. 品質管理に関する新部署の設置

 SDS(安全データシート)の精査不足に関しては、弊社内に慢心があったものであると考えております。今後は、製品の安全確保、品質管理の観点から基本に立ち返り、緻密且つ正確な品質確認と品質表示法に則った製品ラベル表記の確認等を行うため、社内に品質管理に関する専門部署を設置し、消費者の皆様、代理店様、販売店様に安心してお使い頂けるよう、高い水準での品質管理をおこなってまいります。

. 外部機関における品質分析確認

製品の分析を外部機関にて実施し、客観的な製品・品質分析を行うことで、誇大、優良誤認表記を未然に防止する対策をおこなってまいります。

エ. 企業風土の再構築

不正行為の未然防止の観点から、上司・部下・同僚が相談しあえる風通しの良い企業風土の醸成を図ります。

. 内部規律の強化と社内通告窓口の設置

二度と今回と同様の事象を発生させないため、商品開発及びイベント出展時における社内基準を明確にし、社内通告窓口を外部の機関に依頼し、社内において不正及び企業倫理を逸脱した言動を是正する体制を整えます。

■6.最後に

 今回発覚した製品表記の乖離等、すべての事象において、私たち香野弘恵及び香野大輔の責任であることは言うまでもなく、深く反省しております。 また本報告に至るまで、弊社の対応が大幅に遅れ、皆様に多大なご心配とご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。 改めまして、弊社製品をご利用頂いている皆様、弊社製品の代理店様、販売店様の信頼を裏切ってしまったことをこの場を借りて深くお詫び申し上げます。この度は誠に申し訳ございませんでした。

株式会社スーパースポーツコレクション

代表取締役社長 香野 弘恵