CATALOG

製品カタログ

SPASHAN2019S

マイナーチェンジしたSPASHAN2019「S」とは

数多くのスパシャンユーザー様から大人気のSPASHAN 2019。
そして、そのSPASHAN2019がついにマイナーチェンジ!!『SPASHAN2019S』が登場。

従来のSPASHAN2019に多くの時間と度重ねる研究を費やし、『コーティングの硬化時間を早める』ことに成功。
SPASHAN2019からの大きな変化は「ただそれだけ」。
ですが、「ただそれだけ」がもたらす効果は絶大で、コーティングが硬化する時間が早まることで、施工後の効果もコーティング施工直後からすぐに体感でき、さらにボディーに残るコーティング層も分厚くなる為、さらなる光沢感と肌触りを発揮します。

親水や疎水、撥水などの様々なコーティングの種類がある中で、とことん「疎水」にこだわり続けてきたスパシャンですが、疎水の限界を超え、ボディーが水を拒否する「拒水性」という新ジャンルに達しました。

施工の度にどんどん車が水を拒否する様に変化していく.... 「Dry Body Technology」

この『SPASHAN2019S』もまた、拒水性コーティングの種類に分類されます。
この拒水性は、水滴がボディに比較的残りにくい為、コーティングのシミや水垢後にもなりにくく、コーティング後のメンテナンスが非常に楽になります。
スパシャンが持つコンセプトはそのままに、撥水(疎水)性能、光沢、肌ざわりを別格の物へと進化させました。

長期間耐久のハードコーティングと違いSPASHAN2019Sのようなコーティングはソフトコーティングという分類になります。

ハードコーティングはコーティング自体の耐久期間は数年の耐久性がありますが、撥水(疎水)性、光沢感、肌ざわりなどがあまり良くないうえ、時間の経過と共にどんどん効果が弱まってしまうという欠点がありました。
一方、ソフトコーティングはハードコーティング程の耐久期間はないものの、撥水性、光沢感、肌ざわり等を格段に向上させる事が出来ます。

またスパシャンは通常の洗車として使用が出来るので、洗車の度にコーティング効果が向上していくという最大のメリットがあります。
ハードコーディングでも当然ながら、洗車やメンテナンスが必須になり、それらを含めた耐久期間だと考えると、洗車の度にコーティング性能が向上していくスパシャンはコーティングの欠点を無くした製品と言えます。

耐久期間が短いとは言ってもスパシャンの保護被膜耐久期間は約半年であり、施工を繰り返す度により強靭な被膜と変化していきます。
被膜が厚く変化していくことにより保護性能はもちろん、撥水性、光沢、肌ざわりを格段に向上していきます。

これこそがスパシャンをお使いのユーザー様が継続してご使用頂いている最大の理由です。

購入はこちら

How To use使い方

SPASHAN2019S

注意事項

  • SPASHAN2019Sの500mlボトルに入っているものは、コーティング剤の原液となっておりますので、水道水で希釈してご使用ください。 SPASHAN2019S「1」に対して、水道水「100」の割合で希釈することをお勧め致します。 1本500mlで約10~15台のお車のコーティングが可能です。 施工後は数時間でコーティングの被膜層が完全硬化し、ガラス系コーティングが完成します。 施工直後から肌触りがつやつやになりますので確かめてみてください。
  • ※SPASHAN2019Sはプロ仕様のコーティング剤なので、硬化時間が早くシミやムラにならないようにボディの温度をよく冷ましてから正しい希釈率で施工してください。また、炎天下での使用はなるべく避けてください。シミやムラの原因になる可能性がございます。
  • ~施工前にご用意して頂きたいもの~ ・SPASHAN2019 S ・洗車用バケツ(※ゴミや汚れなどが付着していない綺麗なバケツをご使用ください。) ・洗車用スポンジ(※SPASHAN BOB推奨) ・マイクロファイバータオルなど(※SPASHAN マイクロベロア推奨)